布団のダニ 布団洗濯 洗王(あらおう)送料無料の水で洗う布団洗濯

電話
営業時間 平日9:00〜19:00 土日祝日休業 全国対応!

布団のダニ 布団クリーナの効果検証実験

布団クリーナーで、果たしてダニや汚れは除去できるのか。実際に使っている布団に○○コップを使用して効果を検証します。


布団のダニについて 

ダニの生態について
ダニ、その姿はなかなか見ることのできない小さな小さなダニですが、私たちに与える影響は決して小さなものではありません。 まずは、ダニの生態についてお話します。種類はなんと2万種程、ダニの大きさは、0.2ミリ〜0.7ミリ、到底、目には見えないサイズですから、対策にも苦労します。小さなダニの中でも最大で1ミリになるダニもいます。このくらいになると、確認できる大きさです。 成虫の生息期間は2ヶ月。その間、ダニは1日に2〜3個、産卵します。卵の他に、糞は、生きている間に400〜500個すると言われています。ダニそのものだけでなく、卵や糞のアレルギー物質も注意しなければなりません。
ちなみに数年使った布団には何十万匹という数のダニがついています。ホコリの中に多く生息するチリダニは2ヶ月半で30匹が 1万匹になります。このチリダニが1日6個のフンをします。布団の中綿は大量のアレルゲンが増え続けます。

布団のダニ 寝室のこんなところにもいるんです

お布団のダニの他にも、寝室に居つくダニがいます。
■カーテン
掃除機の排気やエアコンから出る風や静電気によって部屋中に舞い上がったダニの死骸や糞が 付着しています。
■エアコン
室内の空気を吸って、冷たくしたり、暖かくして空気を排出します。ダニの死骸や糞が 部屋中を舞い上がります。
■クッション 座布団
ダニは暗がりや温かい場所へ集まります。
■スリッパ
床のダニの死骸や糞が付いたり、歩いた時の静電気でこれらを引き寄せてしまいます。

ダニ退治
都立衛生研究所認定

注文する

天日干し、掃除機でもダニは除去できない?

ダニ駆除に効果があると思って、やっていたアレコレ。実は落とし穴が・・・
掃除機、布団乾燥機の使い方にご注意を!

ダニが死滅する温度は、70度以上。真夏日に布団を天日干しすると、
布団の表面は50度近く温度が上がりますが、ダニは熱から逃れようと表面から中綿へ、裏側へと逃げていきます。これでは死滅させることができません。
夏以外の季節は、気温が高温になりません。が、日干しでのダニ殺菌は数十パーセントは効果があります。しないよりした方が、絶対にいいのは確かです。 少し考えてみてください、汗をかいた服、皮脂汚れもついています。この服を洗濯をせず天日干しして、 着ること、あなたはできますか?
いくら乾燥していても、不衛生ですよね。汚れは落ちていないのですから。
お布団も同じです。洗わずに天日干しをしても、汚れは落ちません。
ダニの糞や死骸は中綿に絡まって無くなることはありません。
掃除機も、少しは表面の汚れを吸い取ることができるかもしれませんが、
中綿に絡まった汚れは、取れませんし、掃除機にきちんと空気清浄機がついていないと 部屋の中に、吸ったホコリやダニの死骸や糞をまきちらすことに、部屋中にアレルギーの元のダニが充満します。これでは、本末転倒です。

掃除機でダニ吸引?

 布団専用のダニとり、ほこり取りのための掃除機が販売されています。 布団表面のごく一部のダニの死骸や糞の吸引は可能のようです。ただ、掃除機をかけても生きているダニを殺すことは当然ながらできません。 たたきブラシ機能で、たたいて出るのは、布団の中綿のちぎれた繊維です。生きているダニは奥へ奥へと潜ります。使用状況により繊維がちぎれていきます。これを吸い取っているだけで、肝心のダニ退治ができません。

布団乾燥機でダニを拡散??

 ふとん乾燥機は高温の温風で乾燥します。
冬場の冷たいお布団を暖めるために使います。心地よいあたたかさで快適ですよね。私たちにとって。 ということは、大敵のダニにも快適なのです。湿気とあたたかさが揃っています。 なぜかというと、私たちは、季節を問わず寝ている間にコップ1杯分の汗をかきます。365日、汗をたっぷり吸い込んだふとんを高温で乾燥させるので、濡れたものが蒸らされることになります。お布団の中綿はジメジメ状態。さらにこれが、カビを発生させることになります。
確かに、乾燥機で60度以上の熱が放出されれば当たっている箇所のダニは死滅します。死滅温度が均一に布団に暖めることが必要です。 熱で殺すことができても、死骸や糞を吸引できませんのでアレルギーの観点からは、有効ではありません。

注文する

こまめな掃除で、ダニを減らす、お部屋まるごとダニ退治

どこにでも生息するお家のダニ、このダニを0(ゼロ)にするには難しいことですが、 これ以上、ダニを増やさないようにと、こまめな掃除は効果的です。
部屋の角のほこりの塊。家具の裏のほこり、カーペットや布団に落ちている髪の毛、 アカ・フケ、お菓子の食べこぼし、ペットの毛、これらがダニのご馳走です。ご馳走を食べてダニは どんどん繁殖していきます。こういうものを極力無くしましょう。 エサがなければ、増えることはないでしょう。 湿度を上げないこと、掃除で汚れをきれいにすること、風通しをよくすること。
目に見えない、無数のダニをどうやって退治したらいいのか・・・
お布団は洗えても、カーペットや、畳までは、気になっても、物がモノなだけに簡単には洗えません。
部屋中に潜むダニの退治は、空間処理剤がおすすめです。
手間がかからず、煙も出ないタイプや、良い香りを残すタイプ、1時間程でできるもの、火災警報器に配慮したものと 便利になってきています。こういうものを使うのも効果的です。
改行

ダニの種類

【ツメダニ】
ツメダニ
ツメダニは、他のダニ(コナダニ、チリダニの体液を吸って生きているダニです。
室内では比較的数が少ない種類。新築後2〜3年を経過した家屋や新しい畳、コンクリート 造りや密閉性の高い家屋などで大発生します。 刺されると、8〜48時間後赤く腫れて、 かゆみが起きます。 かゆみが1週間ほど続き、痕がしばらく残ります。
【チリダニ】
チリダニ
室内のほこり、チリの中のダニは70%〜90%が、チリダニです。 チリダニはじゅうたん、畳、ふとんなどの寝具、家具の隙間に多くいます。 アレルギー疾患の原因物質(アレルゲン)になります。 ダニの死骸、糞などが乾燥して微粉末になります。それを吸ってしまったり、 皮膚の傷口から吸収することで、体内に進入し過敏に反応します。 ツメダニは生きているダニが問題ですが、アレルギーからすると、死骸や脱皮殻、糞が問題となります。
【ヒョウダニ】
ヒョウダニ
室内では比較的数が多い。室内のほこり中に含まれる人のフケ等を食べます。
寝具やカ−ペットなど、ほこりがたまる場所では大量発生 します。 糞や死骸破片がアレルギ−のもととなり、 気管支喘息アレルギ−性鼻炎を 引き起こす要因に。被害には個人差がありますが、鼻炎(鼻)・喘息 (気管支)・アトピー性皮膚炎(皮膚) ・結膜炎(眼)などの症状を起こします。 症状は、一年中を通じて起こります。

ダニの年間スケジュール

ダニのスケジュールなんて、ちょっとおかしいのですが、ダニにも季節の動きがあるんです。
1月〜3月
動きは鈍いが、暖かい部屋では繁殖しやすい。ほこりや人のアカ・フケ、食べかすなどをエサにします。 枕には、十分、気をつけてください。こまめにカバーの洗濯、日干しを。
4・5月
気温も高くなり、非常に好季節です。ダニにとっても同じで、どんどん増殖が始まります。
6月〜9月
カビも発生する時期です、カビをエサにダニが繁殖します。 カビの原因となる結露や湿気対策も必要です。
10〜12月
ダニも寒さから身を守るために、暖かな場所へ逃げ隠れます。 畳やじゅうたん、押入れ、布団、枕などに潜ります。
ダニにとっては1年中が生きやすい環境となりますが、ダニのスケジュールを押さえ、
空気環境でのダニ退治など、春前や11月頃に行うと良いでしょう
改行 注文する
改行 「お布団のよごれ」へ戻る