布団の困りごと解決|布団洗濯 洗王(あらおう)布団クリーニング・送料無料!

電話
営業時間平日 9:00〜19:00 土日祝日休業日 全国対応!

布団の困りごと解決

ふとんの日頃のお手入れ方法とふとんを汚してしまった時の応急処置をご紹介します。


ふとんをプロの洗濯に出す前に、ご家庭でできることお教えします。
おふとんにも、正しい干し方があるんです。 ただ干しているだけじゃ、何の効果も得られないんです。
ただ干していると、おふとんの寿命を縮めてしまうこともあるのです。

おふとんを干すことによって、ふとんを乾燥させるわけです。 乾燥させると、何がいいのかというと、

  • ダニ対策
  • ふとんの弾力性をよくする効果がある
  • 消臭効果
  • 殺菌対策

 これらの効果が、ふとん干しで期待できます。

ふとん干し 干し方のポイント
時間帯干す時間帯。空気が最も乾燥する午前10時〜午後2時。その前後は湿気が 多くなる。
前日が雨や曇りの場合は避ける。
夏場は午前10時から12時の間の1〜2時間程度。夏は日差しが強いので、長時間干すと綿を傷めてしまいます。 冬は長時間干しても問題ありません。
羽毛・羊毛ふとんは普段は窓をあけて風通しをよくしておくことで乾燥はしますが、殺菌効果をということであれば、 月2回くらいのふとん干しをお勧めします。時間は綿ふとんと同じです。
布団をたたくたたいてはいけません。
布団の側地や中綿を傷めるので布団を叩いてはいけません。叩いてもダニは死滅しませんし、羽毛ふとんを叩いて出てくる 中綿のダニの死骸やフンが叩かれて細かくなり、表面へ出てきます。ホコリの正体は、中身が壊れて出てきたものなんです。 汚れが取れているような錯覚をおこしているだけです。細かくなったダニの死骸やフンは更に悪影響を及ぼします。 気管に入りやすくなります。どうしても表面のホコリをとりたいというこでしたら、掃除機での吸引をお勧めします が、表面に出たものだけが吸われるだけで中綿に絡まったものは出てきません。

ふとん干し 場所や時間がない方へ

お年よりにとっては、ふとんを干すことが大掃除と同様な大変な作業になったり、ふとん干しをしたくても、さまざまな都合で干せない方もいらっしゃいますよね?
そんな方や在宅介護で寝たきりの方のおふとん、ベッドに敷いたままのふとんは ほぼ毎日、めくり上げてください。湿気を放出させる為です。今日は上から明日は下からと 交互にすると効果的です。
寝室の喚気もこまめにし、風通しを良くしましょう。 ふとん乾燥機で、湿気を飛ばしてあげるのも一つの方法です。
ですが、この場合のふとんは、やはりクリーニングで洗濯をすることをおすすめします。

困った時に誰にでもできる応急処置方法

どうしよう〜 (→o←)ゞ こんなときの対処法
【case2】の場合は、応急処置では限界があります。ニオイも残ります。 やはり、できるだけ早くクリーニングに出していただき、洗濯をすることを おすすめします。
【case1】
ふとん干しをしていたら雨で濡れてしまった
すぐに乾いたタオルで拭きますが、この時たたくように拭いて。
その後、ドライヤーの温風で乾かします。
【case2】
おねしょでふとんが
汚れた場合
水で濡らしたタオルを軽くく絞り、叩きます。その後、乾いたタオルで手早く拭き取って。
タオルは数枚用意し、取替えながら拭きます。
においが取れたら、日光に干し、裏表を充分に乾かします。
あくまでも、応急処置です。尿中の雑菌は日干しでは死にません。
やはり、この場合はふとんクリーニングをお勧めします。 水溶性の汚れは、水で丸洗いが一番です。

お布団の上手な使い方

1.表と裏を均一にして使う
 ベッドのマットや敷ふとんは、裏表、上下を回して全体をまんべんなく使いましょう。
スプリングや綿が傷みにくく、長持ちします。

2.羽毛ふとんは体に直接かける
毛布の上に羽毛ふとんをかけていませんか?「はい、そうです」と誰もが答える質問ですが、
実は、これではせっかくの羽毛ふとんの良さが半減してしまうのです。
羽毛ふとんは汗を吸い取って外にはき出してくれるので、直接肌に掛けるのがベスト。
保温性の面からも羽毛ふとんの上に毛布をかけるのがおススメ。お試しください。

押入れのふとんが楽に取り出せる方法

 押入れに積まれた布団を出すのは、けっこう労力がいりますよね?
一番下の布団や、真ん中のふとんを取り出したい時なんかは特に。
でも、この方法で簡単に取り出せるんです!
 ふとんを押入れに収納するときの一工夫。ふとんとふとんの間に、ポリ袋を挟んで収納します。
すると、取りたい布団を途中からでも、抜き取れます。袋のツルツルが摩擦の抵抗を弱めてくれるからです。
このポリ袋の大きさは、ふとんの3分の1くらいあれば充分です。

押入れのカビ対策

 何でもかんでも詰めすぎの押入れは、水分を吸収しやすいふとんなどからカビが発生する可能性が ぐんと高くなります。できるだけ押し入れの壁から5cm以上離して収納してください。 布団なども詰め込みすぎないようにしましょう。 時々、押入れの左右の扉の端をそれぞれ5cmくらい開けて風通しを良くします。
押入れに収納しているふとん等が湿っぽくなっていたら、その都度、天日干しをします。
また、押入れの床にスノコを敷くのも効果的です。奥と左右側面にもスノコを立てて置くとさらに効果的です。